代表からのメッセージ

    その問題をITで解決していく

    理想の未来を実現させるため、ためらう事なく変革への挑戦を続けます

    代表取締役 榎本和博

    AMBという会社について

    質問:AMBはどんな会社ですか?

    回答:会社は従業員がいないと成り立たない組織だと思っており、「従業員の成長=会社の成長」をモットーに、一人でも多くの従業員が価値あるビジネスパーソンとして成長していくことを一番に考えられる会社です。
    また従来の年功序列型のような上下関係が少なくフラットの組織だと思います。
    私自身も従業員とは常にフラットな関係で接しており、一人一人が伸び伸びと仕事が楽しめる環境を構築しています。
    それぞれの個性や長所を尊重し多様な人材確保を目指すAMBでは年齢、職歴、役職などを超えて、どんな方でも新しいことにチャレンジできるような仕組みがあります。

    AMBの理念とは

    質問:会社の理念を教えてください。

    回答:VISION すべてを変える技術を世界に
    Misson AI技術により常に新しいサービスを提供し豊かな社会を実現します。

    榎本とIT業界

    質問:IT業界に入ったきっかけは?

    回答:当時、中古パソコンの販売会社で営業として販売、仕入れ業務を行っていましたが会社の新しい事業部(システム開発部門)の立ち上げで事業部へ
    異動をしたのがきっかけです。
    初めは業界の事もシステム開発の事も何もわからない中、取引先、エンジニアの同僚に色々な質問をしたことが今でも思い出します。
    15年来の取引先の方は今でもお取引をさせていただいたり、同僚は今でも良き相談相手ですね。

    設立当初の苦難

    社長インタビュー 設立当初の苦難

    質問:これまでの苦労などを教えてください。

    回答:会社設立から数年は「従業員=仲間」がいない日々が続き、孤独とのたたかいだったのが苦しかったです。
    その時、喜びや苦労などの価値観を共有できる仲間がいるのはとても大切な事だと改めて感じました。
    今、仲間も増えてきており、みんながサポートしてくれているお陰で円滑な会社運営が出来るようになりました。

    若き日の経験と苦難

    質問:20~30代の頃はどんな青年でしたか?

    回答:私生活より仕事に向き合う時間が多く、仕事中心の生活を過ごしていたと思います。
    しかし、その時に苦労した経験が今になって、会社運営では大いに活かされています。当時の先輩に「若い時の苦労は買ってでもせよ」ということわざを今振り返ると当てはまるのではと感じます。
    肩書や会社の看板など価値観だけにとらわれず、常に新しい発想を作り出していきたいと考えておりました。

    目指す会社とは

    質問:どんな会社を目指していますか?

    回答:当時、ストレスフルな上下関係を意識しないフラットの組織を引き続き維持し、私含め誰もがなんでも相談しあえる社風を目指しています。
    そして互いを尊重しあいながら社員一人一人が、人生の中で大切な仲間を作っていける場でありたいと思います。

    今後の目標

    質問:AMBの今後の目標を教えてください。

    回答:今後様々な分野で進化・発展を遂げるであろう「AI(人工知能)」を活用したビジネスを展開していきたいです。自社製品の開発はもちろんのこと、いままでITと無縁だった業界にも積極的にAIを取り入れて、業界の垣根を超えた多様なビジネスモデルを創出していきたいと思っています。
    まだまだ仲間が不足していますので、一緒に会社を盛り上げてくれる仲間をこれからも増やし、事業の拡大を行っていきます。